投稿

優しいワールドの住人。

イメージ
誰しも、1人では生きられないのだ。

どうにもこうにも

イメージ
バリ・ヒンドゥーと仏教についての話を連載しようと思っていたんだけど、どうにもこうにもアクセスが少なすぎて、やる気がなくなってしまった。

「バリ・ヒンドゥーと仏教」Part2

バリ・ヒンドゥーや仏教について、バリ人の僧侶(兼画家)と語り合った事を書き留めてみるシリーズです。今回はヒンドゥー教のブッダ派や、ラジャ・ウダヤナについて。
-------------------------------------------------

森次:バリ・ヒンドゥーにはブッダ派というものがあるんですか?

バリ人僧侶:すごく大きなウパチャラ(儀式)では高僧が3人参加します。そのうちの1人がブッダ派です。ブッダ派の高僧は仏教の印相やマントラを勉強します。

森次:ヒンドゥー教と仏教の融合について、バリ人の習慣に影響を与えた出来事はありますか?

バリ人僧侶:バリの歴史の中で、ウダヤナ王のような多くの王が仏教を採用しました。ウダヤナ王は仏教を遵守し、シヴァ神を信奉する妻を東ジャワからむかえたので、シヴァブッダの概念が社会で大きく発展しました。

森次:ウダヤナ王は仏教徒ですか?

バリ人僧侶:仏教にちなんだ名前だし仏教を遵守していたけど、彼もシヴァブッダを信仰していたと思う。私の考えでは。

「バリ・ヒンドゥーと仏教」Part1

バリ・ヒンドゥーや仏教について、バリ人の僧侶(兼画家)と語り合った事を書き留めてみるシリーズです。今回はサン・ヒャン・ウィディの絵について質問をしてみました。
-------------------------------------------------

森次:サン・ヒャン・ウィディ(Sang Hyang Widhi)の肩や股間についているものは何ですか?三鈷杵、バジュラでしょうか?ナワ・デワタ(Nawa dewata)に描かれている神々の武器の象徴と似ているように思えるのですが。

バリ人僧侶:描き方が似ていたとしても、バジュラではないです。股間については、サン・ヒャン・ウィディが男でも女でもない事を強調するために、バリ島の伝統的な装飾が描かれています。サン・ヒャン・ウィディがこの世にあらわれた姿が、Siva、 Visnu、 Brahma、であり、それだけでなく、Parwati、 Saraswati、やその他の女神の形をとる事もあるので、性別が無い事が重要なのです。また、バリ島では画家が個人個人の解釈で様々な描き方をするので、宗教画の意味が統一されていない事も普通です。バジュラはバリ・ヒンドゥーではグンター(Genta、ガンター、金剛鈴)の形をしていて、グンターはデワ・イスワラの武器としてナワ・デワタ(Nawa dewata)に描かれていますよね。
イメージ
イメージ
私のwikipediaは常に荒らされてるんだけど、
ずっと修正し続けてくれてる人もいてしゅごい。
本当にありがとうございます。🙏🏻